2014年6月8日日曜日

太陽にはぐくまれた衣展

昨日より、kachuaさんの、太陽にはぐくまれた衣展はじまりました。

 ウッドプリントの優しい布や手織りのカディなど、太陽の下の暮らしから生まれた、大らかな衣が沢山です。


砂漠地帯では人々のまとう衣装に多くの色を使うそうです。
チャーム一つでも確かにカラフル。
過酷な環境から身を守る為の知恵なのでしょうが、見渡す限りの砂色の中に鮮やかな民族衣装は息を飲む美しさだろうと思いは膨らみます。
あれ、まさかこのモチーフは?!
でも違うみたいです。
間違いない藍色からカディをつかったパンツやウッドプリントの鳥も素敵です。
来週にはまた新作を届けて下さるそうです。そちらもどうぞお楽しみに!

6月16日までです。



0 件のコメント:

コメントを投稿